第1回市P連理事会

0
    表題の会がありました。

    年6回あるうちの一回目です。

    何を話していたかというと
    5月20日の総会のこと、
    6月2日の会長副会長研修会のこと、
    6月9日のソフトボール抽選会とその後の流れ
    の、豪華3本立てでした。

    会長を含め、一部の経験者は話し合いに慣れていたようでもありましたが
    実際、細かい部分は事務局のおじさんが説明してくれて
    私達未経験な理事は、今後の会での戦闘員として説明を聞いている感じでした。

    あーしたい、こうしたいというのを言い出せば、話し合いはヒートアップするのかもしれませんが
    なんかそんなことを言い始めるのもめんどくさい気がして
    ともかく個人的にはまだ全く市P連に対するやる気が無いので
    ただ、どういう流れになるのかな、と思いながら趨勢を見ているというところです。

    ただ、思うのは市P連を運営していくために戦力は必要なのはわかりますが
    たまたま幹事校に当っていたという不運で戦力として駆り出せれるのはやっぱり釈然としません。
    みんな、割り切って真面目に市P連活動するのかなあ・・・
    自分にとっては自分の学校のPTAだけで十分で
    それだけでもいろいろ考えることもあるし、市Pは正直どうでもいいんだけど。

    勝手に戦力にさせられた上に、平日の16時に集合とか
    仕事どうすんだよ?普通まだ仕事中でしょ?
    集まるのが当然みたいな雰囲気になっているけどそれは当然か?

    そもそも学校でのPTAならまだ自分の子が行事で参加して何らかの関わりがある
    と思えるけど、市P連の行事なんて完全に親同士の交流で
    そんなのあってもなくても本当はどうでもいいと思うんだけど。
    そのためにちっさい子をおいて夜会議に行くことだけでも嫌だよ、本当は。

    この市P連の活動・・・1年後にはどう感じているのだろうか?

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM