七尾城〜GWの記録2015

0
    5月5日長岡から車を走らせ七尾城へ。

    七尾城は下調べをしっかりしていなかったので
    (子供たちを連れて登るのは無理かと思い込んでいたので)
    100名城のスタンプだけ麓で押して、あとはのとじま水族館に行こう、
    と、そう思っていました。
    あくまでその日の本番はのとじま水族館のつもりだったのです。

    ですが、麓の資料館に入ったら
    ほんの最近作られたCGで七尾城の全体像を見せていてスゴイと思わされたことと
    特に本丸近くまで車で行けることがわかったので、つい行ってみてしまいました。

    車で行けるところまで行ければ、後は本丸まで大人の足なら30分もかかりません。
    子供たちは自由に使えるようにおいてある木の枝を手にとって歩き始めました。
    (私には杖は不要でした。春日山城を登れるくらいの足があれば杖は不要です。)
    長男も杖を持ったのでシュッシュッポッポと言いながら杖を引っ張って歩かせました。

    七尾城は尾根の上に建てられた城で、本丸周辺の山々に支城?というか砦のようなものが
    作られた構造をしていたため、実際行ってみたのは本丸だけでしたが
    全体像としてはとてつもなく大きな規模の山城でした。
    比較として適当かどうかはわかりませんが、
    春日山城はその本丸の山だけを抜き出したようなもので
    城全体の防御力を考えたら七尾城はずっと上を行っているように思われました。
    しかし、その春日山城の上杉謙信が最終的には七尾城を落とすのですから
    結局勝敗は城で決まるものではない、ということですよね。
    (信玄も居城は、城といえる程でもない館であったのは有名ですし
    総構えで、超巨大な小田原城ですら秀吉の大軍に屈しました)

    ただ、そんな連立した山城群の中心である本丸に登るだけでも
    七尾城は十分に立派でした。中世から(戦国時代初期から)の城であるのに
    本丸を中心に立派な野面積みの石垣がありました。
    山城は、山に立っているだけでも堅固であるのに
    石垣まで積むとは何という頑強ぶり。

    これまた春日山との比較ですが、春日山には石垣はなかったので
    やはり七尾城はすごい城だと言えるでしょう。

    なお、一乗谷と同様に、七尾の城下町も山城群に囲まれた扇状の土地でした。
    (一乗谷よりはやや広いように思われましたが、一乗谷と違って普通に民家が建つ
    開発された部分まで城下町があったようなので、実際どこまでが城下町であったか
    よく分かりませんでした。分かる表示があると嬉しいですね。)
    そういう限られた土地を開発すると安定した反面
    発展性に乏しいというのも一乗谷と同じ感じです。
    片や信長に破れ、片や謙信に敗れるという、周囲の強国に飲み込まれていった経過が
    国づくりの方向性とその命運を分ける、なんとも切ない戦国の厳しさを感じるところでした。

    これまたいずれ、山城群に挑戦してみたいと思わせられる城でした。
     

    丸岡城〜GWの記録2015

    0
      一乗谷と同じ日にハシゴしました。

      これはこれでいい城でした。
      なんといっても現存する12天守で最も古い(らしい)のですからいい味出してます。
      壊れた天守を組み直して作っていたりするので微妙に完全なる最古の城とは言い難いかもですが。

      で。ここは柴田勝豊さんって、柴田勝家の甥が作ったということになっています。
      柴田勝家というのは、信長さんちの筆頭家老でした。
      織田家が勢力を拡げていくに当たって、柴田さんは北陸地方で上杉家と対立したわけですが
      結局、勝家さん、最後は秀吉に負けて北ノ庄(福井)で自決するのです。
      北ノ庄城は安土や大阪に匹敵する巨城だったらしいですが、
      負けて焼け落ちてほとんど何も残っていません。
      (福井の街の中っぽいです)

      そんな中で、丸岡城はよく残ってたなあ・・・という印象です。
      柴田から徳川旗本の本多家(忠勝じゃなくて、渋い重次の系統です)に移り、
      さらには有馬家に移って幕末を迎えたようです。
      そこら辺には、そう思い入れはありませんが

      とにかく、城は昔ながらの木造で雰囲気はとても良いです。
      瓦は珍しい石瓦です。
      階段はものすごく急で、ほとんど梯子のようです。

      なんか入城料はあるものの、簡単に入れて行ったり来たりできて
      これで老朽化が進まないか心配なくらい無防備でした。
      残念な人達が落書きした痕までありました。
      入れる時に入れて良かった、と思うべきなのでしょうか。

      一乗谷城〜GWの記録2015

      0
        久しぶりに城に行きました。
        宿に100名城のスタンプ帳を忘れて・・・

        ・・・ばか。私のバカ。

        でも、気を取り直して城攻めしてきました。
        一乗谷は、谷ごと城でした。

        まあ、本当の城の部分は山の上なんですが、
        そこは結構熊も出るような本当の山らしく
        復元町並みにいた人から勧められなかったので諦めました。
        子連れでしたしね。

        ただ、狭い谷には1万人以上の人が暮らしていたというし
        立派な御殿のあともありました。礎石があるだけでしたが。
        あとは復元された町並みが結構立派です。

        改めて、この城の魅力は、町ごと城跡であることに尽きるとおいます。

        例えば、犬山城や姫路城などは、江戸時代からの天守が残る
        押しも押されぬ名城ですが
        周辺の町並みは現代的に開発されています。
        現代だからそれが当たり前です。

        ですが、一乗谷は違う。
        完全に信長に焼かれて、打ち捨てられていたがために
        谷ごと放置されて、まるごと町も含めた城跡になってしまったところが魅力的です。
        屋敷跡は、広く、ただ砂利が敷いてあるだけですが土塁が囲ってあり
        あちこちに無数の井戸が残っていて、今でも水が満ちていました。
        それら水源の多さもこの地の魅力だったのでしょう。

        もちろん谷なので発展性には乏しくても
        谷の入り口さえ塞いでしまえば守りやすかったことは事実でしょう。

        谷に行けば信長に攻めこまれた朝倉氏を鮮明に思い起こせます。
        100名城に選ばれるだけあるいい城でした。

        でもいつか山の上にも登る。

         

        熊本城

        0
          11月1日、結構な突貫で熊本城攻めを敢行しました。

          天守閣は復元されたものですが、見た目は昔の姿が忠実に再現されていて
          3名城にも挙げられる名城です。

          もう天守そのものも良いのですが、石垣が高くて美しい。
          あれだけ高く積んでいて、かつ巨城が上に乗っているのはやはり凄い。
          しかも鉄筋の天守を乗せた石垣そのものは戦国時代からのほとんどそのままと言うから。
          清正公さん(せいしょこさんと読むらしい)はやっぱり凄い。

          で、人工的な建造物もさることながら関心するのは
          金沢や、姫路など、最近行った巨城と比べても
          熊本城は、その立地そのものが非常に堅牢だと感じる部分でした。
          そもそも川に囲まれていて、なおかつ高台に位置している素晴らしい立地です。

          清正公さんの凄いのは、そんな城の随所に櫓を配置してさらに防御力を高めていること。
          49個も櫓を作ってあったというのが、そのまま残っているのは宇土櫓だけですが
          城全体が復元されたら、より圧倒的だろうなと想像すると楽しくなります。

          時代的にほとんど徳川の世の中になった頃に作られた城なわけですが
          良く言われているように、秀頼を迎えて家康とことを構えても良い覚悟で作られていたのでしょう。
          天下一クラスの名城だと思いました。

          関係ないことですが
          「せいしょこさん」って、中川翔子「しょこたん」みたいな可愛い呼び名ですね。
           

          人吉城

          0
            11月2日、当初予定していなかったのですが
            子どもたちをどこに連れて行ったら楽しめるかいろいろ考えた末に
            クラフトパーク人吉というところに行ったのです。
            そこは、なかなかいろんな体験ができるところで、
            包丁の鍛冶体験や、そば打ちとか、郷土のおもちゃに絵を塗ることもできます。

            で、そこに行く途中。本当に途中。
            人吉城がありました。
            地元でなければ、おそらくかなりマイナーな部類の城なのかもしれませんが
            ちゃんと100名城のひとつです。

            今回は時間が押していたので本当にスタンプを押しただけで立ち去りました。
            いい石垣があって、縄張り的には現在は歴史博物館がある部分も全て城だったらしく
            本丸はかなり高所に位置していたようで見どころのありそうな城でした。
            地下室に井戸がある遺構も珍しいもので、見たいのをぐっと我慢しました。

            人吉城は相良家の居城で、室町以来相良家が支配していた土地だったのです。
            島津家に隠れて目立たないのですが、相良家もなんだかんだで江戸時代まで家名を保ったそうで
            それだけの城なんだな、と思いました。

            また行かなくてはなりません・・・。

            いつも100名城に行くと、必ずまた行きたいという結論になってしまいます。

            金沢城

            0
              21日、富山を出発して金沢に入りました。
              富山からは1時間かそこらで簡単にいけました(私の感覚では)。

              金沢城ではいろんな種類の石垣があることが見所でした。
              が、ある意味、いろんな種類の石垣はあちこちの城で見てきていて
              それぞれの種類に思い入れを感じれなかったので
              あまり心に残りませんでした。

              一方、近年再建された河北門や、五十間長屋、菱櫓などの建築物が素敵でした。
              伝統工法にのっとった建築物は見てワクワクします。

              瓦に鉛が入っているせいか見た目に白く
              姫路城ばりの白いイメージを受けました。

              これらは大河ドラマ「利家とまつ」効果で立派に再建されていっているのかな、
              とは思いましたが
              二の丸休憩室には「よみがえる金沢城」´△売っていて
              迷わず買いました。

              この中には戦時中の城の地図や、金沢大学として使われていた当時の地図もあったり
              それぞれの石垣の作られた年代などもわかりやすく解説してあり
              これを熟読してから見たら金沢城はもっと楽しめるな、と感じました。
              こういう本をまとめてあるのは実に素晴らしい。

              高岡城

              0
                久しぶりの趣味の話。
                お城シリーズの、高岡城です。

                今回富山に行くことをバタバタと決定して、
                それと同時に100名城を調べたところ、あったのが高岡城でした。

                実は全然知りませんでした。
                高山右近が縄張りしたらしいことも
                日本の都市公園100選に入っていたことも
                さくら名所100選にはいっていたことも
                甦る水100選に入っていたことも
                日本の歴史公園100選にはいっていたことも
                日本3大水濠(江戸城、弘前城と同格)に数えられるらしいことも
                恥ずかしながら全然知りませんでした。

                まあ、行ってみていろんなことがわかって実際堀が面白い城だと関心しました。
                なんせ本丸から滝が流れている城なんて
                (どうもこれは自然の湧き水らしいし、うまく作ったものです)。

                観光的には城の堀をめぐる遊覧船が出ていて
                楽しそうなので乗ってみました。
                これには歩き回るのを嫌がる次女も楽しめて助かりました。

                16:00頃に乗り場に行ったら
                城の反対側にある100名城スタンプが16:30までだという事実が判明し
                乗り場のおっちゃんに自転車を貸してもらって一人でスタンプを押しに行ったりもしました。
                「え?本当に貸してもらっていいんですか?」
                「いいから急いで行ってこい」的なやり取りが、鉄腕ダッシュの0円食堂で食材を分けてもらうような
                そんな感じに思えてすごく楽しい出来事でした。

                どうやら遊覧船乗り場のおっちゃんは凄い城好きらしく
                私がスタンプを押しに行ってる間に妻と話をしていたようなのですが
                せっかくここまで来たら1日で金沢と七尾も回れるから・・・
                と翌日のお勧め城攻めルートを力強く推していたそうです。

                まあ、いろんなハプニングもありましたが
                さすがに100名城になるだけのことはあるな、と思えた高岡城でした。

                のっとれ!松代城 補足

                0
                  一昨日書いたブログ。ちょっと補足しときます。

                  まず、その雪中鉄人レースの名は「のっとれ!松代城」が正式でした。
                  (!が間に挟まっていました)

                  そして入賞による報酬。
                  1位にはなんと!1年間の城主となる権利、と米1石(150kg)が与えられるということ。

                  その大事な記載が抜けていました。
                  走ってきて早3日ですが、なんとも後を引いています。

                  その時は大した練習もせずに完走できて400人中126位でまあ良かった、と。
                  十分な満足感がありました、が、日が経つにつれ
                  もう少し走れなかったか?もっといけたのでは?と思ってしまう。

                  たまたま1位になった新城主様のブログも見つけたので
                  読んでみたけど、とても真似できないくらい鍛えてる方だったので
                  一層不可能だと冷静に思う部分もある一方で来年に向けてもっと頑張ってみたい気持ちもある。

                  やっぱり城主になれるのは魅力。
                  魚沼産コシヒカリ150kgを差し置いても城主は魅力的。
                  まだあと1年も先なのに今からイメージトレーニングです。

                  姫路城

                  0
                    あんまりしょっちゅう書くと城ばかり行ってるようで
                    印象を落とさないか、ちょっと心配な私です。
                    ですがやっぱり折角いった姫路城。思ったことは記録しておきたいと思います。

                    歴史はあまり詳しくないのですが、
                    姫路城は今のような巨大城郭になったのは関が原以後の池田輝政あたりからだそうです。
                    それ以前に秀吉や官兵衛が城代を務めていたこともあったそうです。

                    日本に12個しかない現存する天守の一つで100名城どころか
                    三名城のひとつにも数えられることもある名城中の名城です。

                    実はまだあまり城に興味がなかった10年以上前に1度いったことがあり
                    その時は普通に大天守にも入れました(修理中でなかったので)。
                    今回は中には入れないけど、外から見れるということで城攻めを敢行。

                    まず人が多いことにびっくり。天空の白鷺には入城制限があり
                    たとえ天空の白鷺に入らなくても入城だけでも4時間待ちでした。
                    でも天空の白鷺を予約していたお陰で、インチキなくらいスイスイと入城。

                    ただそこまでは良かったものの、1時間区切りで入城制限をかけたり
                    予約枠を設定したので、勝手に予約時間を遵守しないと入れなくなるかと思って
                    天守までの道を足早に通り過ぎてしまったのが失敗。
                    (でもこれは城スタッフの説明不足だと思うけど)
                    これで天空の白鷺展示期間のみに展示されている鎧やら何やらを見逃し。

                    さらに長女は城好きになったので一緒に見れるかと思っていたものの
                    次女はまだ3歳で長い城攻めは厳しいかと思い
                    城内の動物園に行かせようと思って天空の白鷺終了後一旦城を出ようとしたのが失敗。
                    出る前に再入城できるか聞いたところ「ダメです」と無下に断られたけど
                    昼食時間にもかぶるのでとにかく一旦城を出るしかなく泣く泣く城攻め断念。
                    (その時、スタッフのおじさんは
                    「西の丸くらいなら2,30分で回れるから見てから出るしかないね」と言っていたが
                    うちの娘や私程度の城好きでも、姫路の西の丸ならそこだけで2時間は楽しめる。
                    なめるな城好きを。)

                    あれ。全然しろのいいこと書いてない?
                    いや、城は本当に良いです。
                    瓦を漆喰で固めて白く見えるのも本当に美しい。

                    しかし小諸や上田にあるような城の歴史「家譜」のようなものや「図録」がないのにガッカリ。
                    てっきりあるかと思って城内の歴史博物館まで行ったものの
                    結局そこにもそれらはなくて、時間と体力まで無駄に浪費。

                    官兵衛が終わってから人手が少なくなったときにまた行きます。
                     

                    大阪城

                    0
                      お城シリーズ、その?
                      大阪城です。

                      先の日記の通りで、大阪城に行きました。
                      大阪城は個人的にはたぶん2度目です。
                      と言っても1回目はずっと小さい頃で、もう覚えていません。

                      大阪城は100名城のひとつに数えられる名城です。
                      ・・・が、よりマニアックな城好きからするとちょっと?な城です。

                      そもそも秀吉が作って、幸村が活躍した大阪城は大阪の陣で焼け落ちました。
                      落とした秀吉の大阪城を完全に隠すように徳川時代の石垣+天守閣が作られました。
                      それはそれで巨大な天守閣だったわけですが、デザインも大きさも
                      城全体の中での天守閣の位置も当初のものとは違っていたわけです。
                      それをさらに昭和に復元したのが今の城ですが
                      復元当時は今現在のように、戦国期や江戸期の築城術で再建しなかったので
                      鉄筋コンクリートの全く作り物かつ史実にない空想上の城ができてしまったわけです。

                      とはいえ、内部が展示スペースになっていて、最上階が展望スペースになっている
                      今の城のタイプも十分に見ごたえがあります。
                      特に2014〜2015は大阪の陣から400年の節目で記念の展示や催しが行われていました。

                      が!!!!!
                      なんということでしょう。
                      今回は城の真下まで行ったものの天守閣には入れませんでした。
                      100名城のスタンプもおあずけ。
                      城郭の規模が大きいがゆえに駅から天守閣までの移動は20分以上かかり
                      天守閣の入場券売り場も行列が出来ていて時間の都合で入れず・・・。

                      子連れで城に行くときは相当な余裕を持つ必要がありますね・・・。失敗!!!

                      かくて大阪の陣に敗北した院長でした。

                      またいずれ再戦を・・・。スタンプ押してないから小諸も上田も・・・

                       

                      | 1/2PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM