権利と義務

0

    今年、小学校ではPTA役員を選出するにあたり

    各こども会から候補者を選出し、候補者を集めて次期PTA役員を決めるという方法が採用された。

     

    これは今までの推薦での役員決めが破綻していて

    いきなり学校に集められてからモメるより

    こども会単位である程度役員が可能な人を選ぶという目的があった。

     

    しかし、各こども会ではモメることが少なくなかった。

    うちの2丁目こども会も例外ではなく

    皆で決める候補者の選出方法にどうしても参加しないと訴える人が出現した。

     

    細かい言い分は書かないが、ごくごく簡単に言えば

    仕事の都合で自分はできない、という主張である。

     

    ただ当然の権利のように、その人は自分はできないと訴えて

    選出される候補から外してもらおうするわけだが、

    果たしてそのような権利は存在するのだろうか?

     

    PTAに所属する以上、というかPTA活動が実在する小学校にこどもが通う以上

    PTAに参加することは義務である。と私は考える。

    その仕組そのものに疑問を持つ人はいるだろうし

    私自身もよりよいやり方はあるとは思うが。

    仕組みを変えたい人は、多くの人が納得する形に変えるための努力をすべきであって

    自分がその仕組の中で協力できないからと言って

    抜けると言うのは責任の放棄に他ならないと私は思う。

     

    ただ逃げ続け、ゴネ続け、周りに負担を強いていることをわかろうとしない人には非常に腹が立つ。


    明日は町民運動会

    0
      いろんなことを書かないとすぐ忘れてしまうのに、つい書かない。

      6月4日 次女が初めて逆上がりに成功。しかし二度目はできない。
      6月6日 長男が初めてアスパラガスの皮をむいた。
      6月8日 長女が修学旅行に行った。
      6月11日 インディアカの練習試合があった。

      そして明日は町民運動会。

      娘の誕生日

      0
        あ〜なんかすごく久しぶりです。
        ずっと更新サボってて一部ではご心配をおかけしすみませんでした。

        さて。時々、いろいろ書きたくなっては
        あまりに書きたいことが溜まっていることで面倒くさく感じてしまって
        ドンドンどんどん更新から遠ざかっていたのでしたが、
        今日は娘の誕生日だったので約半年ぶりに更新しました。

        で、特別どうということはないのですが
        なんかただ嬉しかっただけです。

        次女6歳!
        来年は1年生。

        小さいままも可愛いけれど、大きくなるのも嬉しいものです。

        気張らずまたちょっとずつ更新していきます。

        PTA総会に向けて

        0
          4月になるとPTA総会があるのですが
          その挨拶を今のうちに考えておこうという今日の書き込みです。

          今、伝えたいことは2つ。

          一つは、PTA活動は全然目立たず、何をやっているのか伝わらないので
          ブログ見てよ、という訴え。
          少しでも理解をしていってもらわないと後継がいなくなってしまう。

          もう一つはPTAをやっていて卒業式で感動して泣けたという話。
          個人的にはPTAやっていて一番良かったと思えたことだったので。

          どんどん発信していきたいですな。

          花粉症

          0
            今年は花粉が多いです。

            と言っても去年との比較で、のようですが。

            私も花粉症なので、花粉センサーのように敏感に症状が発現しています。

            去年は非常に少ない年だったので、今年の多さはとても堪えるようです。
            患者さんでも今年はスゴイ、と言って我慢できずに受診する人が続出しています。

            ただ、個人的な感想として
            花粉の量は地域差が相当あって気候の影響で大きく変動しているように思います。

            一般的に直接地面の露出が少なくて花粉が多いと言われる東京ですが
            土日に行った際は、晴れていたのにそれほど花粉を感じませんでした。
            長岡に帰るやいなやズルズルし始めました。

            薬はいろいろありますが、
            今年の印象として、花粉が異常に多ければ薬は歯がたたない・・・。

            ・・・だいたい、ウチの裏の神社の杉が頑張り過ぎなんだっっつうの!
             

            ハゲ考

            0
              今日のブログは豪華二本立て。

              しかも二本目はハゲ考!です。

              先日、私は今年も脱毛し始めた、という話を書きました。
              ええ現在進行形で着々と抜けてます。

              まあ、おおっぴらに自分は禿げてるぜ、☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
              なんて言う人はそんなにいないわけですが、
              意外と円形脱毛症の人っています。

              患者さんでもいるので、よくハゲ話をします。

              例えば、誰からみても明らかにハゲていても意外とそのことを聞いてくる人はいないよね。とか
              丸坊主に(剃ってしまう)と毛がチクチクしてTシャツとかひっかかって着にくいよね。とか
              うちの子も円形脱毛になったけど生えますよ、とか言ってくれる人もいます。

              多くの人はハゲていることに敢えて触れないのだと思いますが
              ハゲに対してリアクションをしてくれる人はかなりオープンな人なのでしょう。
              あるいは人間関係的にかなりいろいろ話せる関係なのかもしれません。

              個人的はハゲのことに気付いても何も言われないよりは
              いろいろツッコんでもらった方がうれしいです。
              少なくとも先日話したハゲ仲間はそうでした。

              遠慮無くハゲのこと、ツッコんでくださいね。
               

              登校許可証

              0
                ちょっとした事件が起きた。
                事件はまあ、内容が特定されてはイカンので深く触れないが。

                たとえば、インフルエンザについて以前のブログで
                「今年は出席停止処置をしなくても実は良かったのでは?」
                という持論を書いたことがあった。
                あくまで持論であって、どこにも異議を申し立てたわけでもなく
                実際その後診た患者さんでは、割と重症な方もいたので
                軽率に結論は出せないものだな、とも思っている。

                しかし、その一例をとっても言えるように
                インフルエンザのような出席停止期間が明確に定められている疾患ですら
                医者によって登校許可の考え方は変わってくるのである。
                病気の概念は一定であっても糖尿病などのように治療は全く医者によって違う疾患もある。
                一般の市民も、特に出席停止に関わる保育園や小中学校などの職員も
                まずは医者によって疾患に対する受け止め方が違うことを理解すべきだと私は思う。

                そうした医者の見解の相違は時々出席停止処分を巡って園児や学生を困らせることがある。
                ただ、それぞれの医者なりに考えを持って対応しているので一概にどちらが間違った対応と言い切れないこともある。
                そんな時にどうするか?挟まった保護者は患児以上に困るわけだが、
                管理すべき教育機関は、「医者によって対応が違うけど、どういうことだ?」
                とかグチグチ言っていてもしょうがない。
                それは教育機関が直接診断した医者に確認することであって
                保護者を介して判断を覆させるようなことをするのは大きな間違いだと思う。
                いっそ、ど田舎で医者が一軒しかないような地区なら楽なんだけどねえ。

                あと、あらためて学校保健安全法施行規則改正(H24.4.1施行)を読んでみた。
                なるほど平成11年以来の学校などでの感染症に対する追加や変更があったとのこと。
                その中で、今ままであまり問題にされてこなかった接触感染系の
                とびひ、単純ヘルペス、シラミなども記載があり
                必ずしも出席停止しなければならいない、という意味ではない。と書かれている。

                しかし文部科学省のこの指針は明らかに宣伝不足だと私は感じた。
                少なくとも全医師にこのマニュアルは配布されているべきだと思うし
                それを地方自治体で吟味して登校許可証を作成し直す際には
                自治体全体の医師の総意と承諾の上で記載を変更すべきだったのではないかと自治体の体制にも不満が残った。
                少なくとも登校許可証に疾患名が記載されていると、不要でも登校許可を出してもらわないといけない誤解を生ずる。
                しかし、その登校許可証の変更について自治体から説明がないし
                個々の教育機関からも説明や意思統一が行われていない。

                医者の不勉強を棚に上げてこんなことを言うのは間違いかもしれないが
                文部科学省と自治体の対応にはがっかりである。
                ただ、事件をきっかけに今日わかったことには意味がある。

                この問題はまた取り上げて見たいと思う。
                 

                何で生きているの?何のために生きるの?

                0
                  書き込みでの話題から今日のブログはこんな重い表題で書いてみます。

                  さて。難しい問題です。
                  「何のために生きるのか?」と聞かれれば
                  まず理由は無くとも生きていると答えます。
                  生きているもの、カラスやアリや雑草なども
                  何か考えて何かの目的の為に生きているか?と言ったら
                  そんなに深く考えながら生きていないんじゃないか、と思うからです。

                  しかし何か理由を探すならば
                  生命としての目的は子孫を残すことだと思います。
                  今、悩む子供も、答える親も、先代が命をつないでくれたからこそ
                  生きていて、理由を考えることも出来るのです。
                  全ては子孫を残し続けてきたからこその今の自分です。

                  なので、これからの世代のために良い地球環境を残していきたいとか
                  次の世代バンザイなことを考えるかというと、私はそうは思っていません。

                  例えば、今の自分や、自分の世代が辛い人生を送っていたら
                  子孫を残したいと思えなくなります。
                  あるいは楽しくない人生の連鎖など、断ち切ってしまったほうが
                  誰も不幸にならないのではないか?とすら思うからです。
                  地球環境のためにあまりに窮屈な人生になってしまっては元も子もないと思うのです。
                  つまり将来の地球環境云々の前に、今生きている自分達が楽しめていることはやはり大事なのです。
                  だからって好き放題したらいいと思っているわけでもないし、バランスってあると思いますけど。

                  ということで、まとめると
                  ほどほどに楽しんで、子供たちにも楽しみをつなげていくために生きている
                  ということにでもなるのでしょうか?
                  あくまで自分の思想です。誰に教えられたわけでもなく、本で読んだわけでもなく
                  (私、本読むの本当に苦手なので)
                  延々と自分で考えた結果の考え方です。

                  なんか都合のいい考え方かもしれませんが
                  都合がいいからいいんじゃないかと自分では思っています。
                  いろいろ悩んでいる人も、こう考えて肩の力を抜いて生きていければいいのにな〜と思います。

                  結婚すること、死別すること

                  0
                    今日の外来で感じたことです。
                    あんまり誰に対して伝えたいことか分かってもよろしくないので
                    漠然とした話になるでしょうし…伝えたい人は見てないかもしれませんが
                    ここに書くのは私の気持ちの問題です。


                    私の結婚観です。
                    結婚するのは誰のためでしょうか?
                    自分が幸せになるためでしょうか?相手が幸せになるためでしょうか?
                    ウチは二人が一緒にいたら楽しいから結婚しました。
                    言うなれば二人が幸せになるために結婚しました。
                    お互いには、親もいるし兄弟もいますが、それはどうでも良いのです。
                    親がどう思おうと、兄弟がどう思おうと、二人が良ければそれで良いのです。
                    だから結婚したのです。一番この世で大事な二人同士になるための結婚です。

                    つまり言いたいことは、相手の親からどう思われるかなんて考えなくても良いということ。
                    自分の親からさえもどう思われたって構わないということです。
                    そして結婚相手は素の自分を好きでいてくれる、と信じて、
                    何も変わらなくてもいいと、良い意味で開き直って二人の時間を楽しみましょう。
                    まあ、肉親も祝福してくれれば一番良いわけですが。


                    さて。楽しい時間が終わった後は、いずれ別れも来るものです。
                    楽しい時には考えたくないことですが、あるいは考えもしないことですが
                    人間が生きている以上、いつかはその時は来るのです。

                    そう書きつつ、自分でもわかっていてもあまり考えたことはないのですが。
                    あえて想像してみます。

                    自分が先に死にそうになったら、いろんなことを子どもと妻に伝えたい。
                    とにかくいろんなことを伝えたい。沢山話をしたいですね。

                    逆に妻が死にそうになったら、出来る限りずっと一緒にいたいですね。
                    妻が何を望むかにもよりますが。

                    別れは悲しいことではありますが、最後まで楽しく二人で過ごしたと
                    そう思えるようにしたいものです。
                     

                    インフルエンザ流行状況

                    0
                      徐々にインフルエンザが流行ってきているように感じます。
                      感覚的なものですが。

                      越路などではもっと流行っているようです。

                      うちでは先週末1日に1,2人ずつくらい感染者が出ています。

                      もう少しで年越しですが
                      インフルエンザに気をつけてくださいね。

                      ワクチンもまだ打てますよ。

                      | 1/5PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM